CHACO
FOOTWEAR FIT FOR ADVENTURE™ SINCE 1989.

Chaco ( チャコ ) サンダル 社は1989年、マーク・ペイジェンによって設立されました。マークは、1970年代後半から1980年代にかけて、北カリフォルニアのカスタム・シューズメーカーで働いていました。その後コロラドに移り住み地元のラフティングガイドとして働いていましたが、その当時に売られていたアウトドアスポーツ向けのフットウエアに満足していなかった彼は、靴職人だった経験と知識を生かし、自分でサンダルを作ることを決意。そしてチャコサンダルがスタートしました。

彼が最初に作ったChaco ( チャコ ) サンダルは口コミで人気を呼び、多くの友人が製作を依頼。Z2のストラップ形状や張り替えができるソールなど現在のチャコサンダル の特長の多くは、設立当初から受け継がれているマークのポリシーでもある。現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けている。

Fit(フィット性)/Comfort(快適性)/Support(サポート性)/Performance(性能)、日常の生活からあらゆるアウトドアシーンで愛されるサンダルを。マークのポリシーを受け継いだチャコサンダルは、現在もなお開発に力を注ぎ、トップメーカーとして成長を続けています。

#CHACONATION

世界中のCHACOユーザーと自慢のCHACOの写真をシェアしましょう!
※USAのCHACOサイトにリンクが飛びます。


LEARN MORE

CHACO

私たちは、自分達の生産活動において常にゴミを生産している事を認識しています。遅かれ早かれ、この地球上で生産された全ての物質はやがてゴミと化します。私たちのサンダルは半永久的に使用可能と思いたいのですが、実際はそうではありません。その日が実現されるまで、私たちはなるべくゴミとして廃棄されるまでの時間を少しでも延ばすために、耐久性に優れた原材料を使用し、リソール(ソール交換)・リウェブ(ウェビング交換)できるようなデザインのフットウェアを開発していくことに集中しています。こうすることにより、Chaco ( チャコ ) フットウェアがゴミになるまでの時間を延命することができるのです。Chaco ( チャコ ) 製品が埋め立てゴミ化するまでの時間が長くなればなるほど、私たちは自分達の企業活動に満足し、地球もより健全になれるものと信じています。
多くの企業活動が単に利益追求に集中している一方、Chaco ( チャコ ) では地球に優しい持続可能な企業活動をしていくに当たり"利益・人・環境"の3つの手段を追求模索しています。私たちは、地球環境へのインパクトを最小限にし、私たちにビジネスに従事する全ての人々の生活をより良くし、それを実現する為に健全な利益を維持することに最大の努力を払っています。そうする事によって私たちの理念を遂行できるものと信じています。

GO